神前式の魅力

結婚式にはとても多くのスタイルがあります。東京でもキリスト教式、神前式、人前式で挙式を行うカップルが多いと思います。最近そこから派生し、人気を高めつつあるのが、ホテルウエディングやレストランウェディング、ガーデンウェディングなどです。それぞれのスタイルにはそれぞれの良い所があって迷ってしまいますよね。日本で最もポピュラーなものが、チャペルでウエディングドレスを着て行うものです。ですが、今回は東京で和装の結婚式を挙げたい!とこだわりを持つ方のために神前式の魅力についてご紹介していきます。
神社といえば、日本人なら誰でも小さい頃にお世話になっている場所です。お宮参り、七五三など伝統的な行事に連れて行ってもらった経験は、覚えていなくても、写真にしっかり残っているはずです。今でも、お祭りの時や初詣の時や東京観光などで神社に行きますよね。
そんな日本人と大きく関わりのある神社だからこそ、この場で神前式を挙げることで新郎新婦、両家の繋がりや大切な方との絆を改めて確認することができます。東京で行われている神前式では、神社の厳かな雰囲気の中、大切な人たちに見守られながら神前式ならではの伝統的な儀式が執り行われます。そのため神聖な場所で心が洗われるような清々しさを感じながら、感動的な式が挙げられるのです。
また、結婚式では花嫁に注目が行きがちですが、神前式では新郎も活躍できます。誓詞奏上という儀式では誓いの言葉を新郎が読み上げるので頼もしさを感じられるはずです。