特別な儀式の流れとは

東京で神前式を行うと決め、手続きが終わって後は挙式の日を待つだけ。そうなったら、頭に入れておかなければならないのが神前式の一連の流れです。独特の作法もありますが、落ちついて本番に臨めば大丈夫です。そんな東京で行う神前式の儀式の流れをご説明します。
まず初めに、参進の儀を行います。新郎新婦に続いて両家両親、親族が並び神殿へと向かいます。雅楽が奏でられるので、一気に厳かな雰囲気へと変わりますよ。次に、挙式の前に心身を清めるためにお祓いを受ける修祓の儀が行われます。それが終われば、いよいよ挙式の始まりです。斎主が二人の結婚を神様に報告する祝詞奏上、新郎が誓いの言葉を読み上げる誓詞奏上、新郎新婦が三杯の神酒を三回に分けて飲み交わす三献の儀、巫女が神楽に合わせて舞を奉奏する神楽奉納、榊の枝に紙垂をつけた贈り物を神様へ捧げる儀式、玉串奏奠が行われます。この玉串奏奠は神社によって作法が異なることがあります。
そこまで終われば、いよいよ指輪交換の儀です。こちらは元々神前式にはなかったものですが、希望する人が多かったため取り入れられるようになったのだそうです。こちらは他の結婚式のスタイルと同じように新郎から新婦へ、新婦から新郎へと指輪を交換します。その後、全員が起立し神酒を飲み干す親族杯の儀が終われば、晴れて両家が親族となった契りを交わしたということになります。それから斎主による祝いの挨拶があります。東京の神社では、集合写真を撮ることもありますよ。
一連の流れを頭の中で覚えて、東京で行う神前式には自信を持って臨んで下さいね。